G-WB9PBTVLHX
 
太陽光、草刈り、スポット対応
スポット対応!スピード対応!低価格!
太陽光発電所オーナー様の資産を守りします
太陽光_草刈り_格安
太陽光_パネル洗浄_格安
装飾

しっかり除草。しっかり洗浄。

概算価格表

​詳しくはお問合せ下さいませ

太陽光発電所の草刈り・パネル洗浄料金表一覧

太陽光草刈りパネル洗浄価格表
太陽光発電所草刈り価格.jpeg
太陽光発電所

弊社では太陽光発電所の雑草刈り&パネル洗浄作業を上記の料金表ベースにて承っております。

スポット対応!格安・低価格!発電所資産をお守りいたします。

□対応エリア:東京・千葉県・埼玉県・茨城県・神奈川県・山梨県・静岡県・栃木県・群馬県・長野県

現在は上記エリアのみの対応となっておりますが随時エリア拡大しておりますので、エリア外であってもお気軽にお問い合わせ下さい。

​□エリアによっては別途交通費を7,000〜20,000円頂戴致します。□日程指定や至急案件についても別途費用となる場合があります。

□高圧太陽光発電所についてもお気軽にお問い合わせ下さい

装飾

発電量

​UP

矢印
装飾

登録費用

最大

23

装飾

​必要な時に

1回

ずつ

スポット対応

太陽光の草刈り代行
太陽光、草刈り、茨城
太陽光、草刈り、千葉

雑草が蔓延ると発電量が落ちるだけでなく

他にもこんな影響があります。

✔︎雑草がパネル部分に影を作る。 ✔︎影になった部分に電気抵抗が生まれる。
✔︎該当部分だけ発熱量が上がる。 ✔︎発熱が重なるとモジュールが破損する。
✔︎修繕費用がかかる。      ✔︎パネルの故障や火災が発生
✔︎不法投棄の誘発や近隣トラブルにつながる

除草剤散布オプション
ソーラーパネル下などの設備機器付近には、手作業による除草剤散布で

丁寧に対応。施設全面への除草剤散布も対応可能です。

防草・除草シート施工

ソーラーパネル下や設備機器付近に防草シートの施工も承っております。

施設全面へも対応可能ですのでお気軽にお問い合わせ下さい。

価格表をご覧ください

価格、料金については草刈りページまたは上記の概算料金表をご覧ください。

太陽光発電所内の草刈りを最安では㎡あたり36円〜、1発電所あたり39,800円の格安にてご提供しております。​スポット対応や複数発電所によるお値引きや高圧発電所も承っております。​お得なセットプランも是非ご検討下さいませ。複数・高圧発電所共承っております。

対応エリア:関東全域/北関東/中部・甲信越一部/東京・千葉県・埼玉県・茨城県・神奈川県・山梨県・静岡県・栃木県・群馬県・長野県

パネルの傾斜角度が15度未満で1年以上未洗浄の太陽光発電所のパネルは年間発電量に大きく影響を及ぼす土埃やフン等の汚れが広域に付着しておりました

太陽光パネルの表面が一部分でも汚れてしまうと、パネルのセルが発電を行えなくなってしまいますが、この発電停止はセル1枚分ではなく太陽光発電システム全体の発電量にも影響してしまうのです。ただ、大量の水が必要となり、手間のかかる太陽光発電所の洗浄ですが、パネルの汚れを落とす事により発電量は向上します。

​当社では太陽光発電所のパネル洗浄をお手頃格安価格で!太陽光発電のパネル洗浄を最安では1Kwあたり500円〜、1発電所あたり49,800円の低価格にてご提供しておております。

対応エリア:東京・千葉県・埼玉県・茨城県・神奈川県・山梨県・静岡県・栃木県・群馬県・長野県

複数・高圧発電所共承っております。

太陽光、パネル洗浄、山梨
太陽光モジュール汚れ
太陽光発電所パネル洗浄時期
ご提供
サービス一覧

SERVICE ご提供サービス一覧

太陽光発電所草刈り低価格

雑草刈り取り

草刈りサービスの詳細はこちらからご覧下さい。

除草剤オプション​もこちらから

​39,800円〜

太陽光発電所防草シート安い

​防草シート

発電所内へ防草・除草シートを施工します。PCS等の設備機器下部等の部分施工も可能

​1,500円〜

太陽光発電所パネル洗浄低価格

パネル洗浄

日本の太陽光発電はパネル傾斜角が10度が多く土埃等で年間発電量を大きくロスしてます

お問合下さい

発電所看板設置

看板制作・設置

FIT法改正に伴い出力20kW以上の太陽光事業者は、標識看板の設置が義務化されました

​5,000円〜

太陽光発電所O&Mスポット対応

保守点検サービス

​スポットの重点点検や発電所の現況確認までオーナー様の『こんな時に』をお助けします

8,000円〜

太陽光発電所鳥・烏・獣対策

鳥獣対策

​発電所へ侵入する鳥獣対策案を掲載

設置や施工も行っております。

​3,000円〜

太陽光発電所遠隔監視後付け

​遠隔監視装置

後付けでの遠隔監視装置や防犯カメラを設置致します。防犯抑止のダミーカメラも人気です

お問合下さい

太陽光売却高く売る売却

​売却のご相談

​太陽光発電所の売却をご検討されているオーナー様はお気軽にご相談下さい。

お問合下さい

低圧太陽光発電所のO&Mについて

以前は「太陽光発電はメンテナンスフリーだ」といわれていました。しかし、実際のところ太陽光発電所はメンテナンスフリーではありません。それどころか、メンテナンスを怠れば多数の問題を引き起こし、太陽光発電を継続できない状態になってしまうのです。


特に低圧の太陽光発電所は主任技術者による法令点検義務もありませんので、どうしても事業性・収益性に意識によるO&Mやメンテナンスの頻度や対応になってしまいがちです。


ここでは、太陽光発電のメンテナンスの必要性や費用の目安等をご説明いたします。

低圧太陽光発電所のO&Mの必要性

低圧太陽光発電には設備機器が少ないですし、主任技術者による法令点検や義務も無いため、収益性や事業性を考えると、費用や労力がかかる太陽光発電のO&M(オペレーション&メンテナンス)は「やらなくていい」あるいは「できる限り避けたい」と思う人は、少なくないかもしれません。しかし、安定して発電を続けていくためには、太陽光発電のメンテナンスが必要です。 以前は、メンテナンスフリーだと思われていた太陽光発電ですが、実際には、メンテナンスを怠れば発電量の低下を始めとする様々な問題が起こります。


売電を目的として運用される太陽光発電所は、2017年に施行された改正FIT法によりメンテナンスが義務化されており、メンテナンスを実施するか否かは各々の裁量で判断するものではないのです。 仮に、メンテナンスを怠った場合は指導や改善命令、FIT制度の認定取り消しが行われる可能性があります。発電量維持の観点、およびルール上の観点のどちらから考えても、メンテナンスは必要だといえるでしょう。


なお、太陽光発電所の維持にまつわる保守点検の推奨案は、技術資料として「太陽光発電システム保守点検ガイドライン」から閲覧できます。


低圧太陽光発電所のO&M(メンテナンス)をする必要性は大きく2つ挙げられます。

  • 内的要因・外的要因による発電量の低下を阻止できる

  • 太陽光パネルの焼損・火災を防止できる

内的要因とは、設備そのものに発生する初期不良や経年劣化、故障といったもの。一方、外的要因は落雷や強風、積雪、塩害、地震といった自然災害に加え、ほこり・落ち葉・鳥のふん・植物の成長・獣害・虫害・盗難・落下物などが該当します。これらは、いずれも太陽光パネルの発電量を低下させる原因となり、放置する期間が長くなるほど本来得られたはずの発電量を損失してしまう結果に繋がるのです。さらに、上記の事象を放置すると、後述する「ホットスポット」と呼ばれる現象を招き、太陽光パネルの焦げ付きを誘発します。 普段から定期的にメンテナンスを実施するメリットは、上記のような問題の前兆をいち早く察知して、早い段階から対応できることです。


事業性や収益性を考えると費用をなるべく抑えたいという意識になられますが、そもそもの売電収入の低下や無駄な修繕費を抑える事が重要です。

特に雑草や草刈り・除草を怠ると成長した雑草やツル植物の影などにより売電量が低下しますし、生育した雑草が太陽光モジュールの裏を傷つけたり、ホットスポットの原因にもなり、PVケーブルの断線や機器のなかに植物が入り込み故障の原因になったりまします。

低圧太陽光発電所の草刈りや除草についてはこちらのページより


また、土埃や鳥のフン、落ち葉等により太陽光パネル(モジュール)に汚れや太陽光を遮る状況となると、発電量は大きく低下し売電収入も低下します。

太陽光パネル1枚の低下が1ストリングの発電を低下させる為、特に低圧太陽光発電所のパネル洗浄やモジュールの清掃は重要となります。

弊社では太陽光パネルの洗浄により最大23%の発電量上昇を確認しており、低圧太陽光のメンテナンスがどれほど重要で収益性に影響するかを確認しております。